×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

心の時代の仕事・職業リンク集! 人を癒し元気づけたい仕事・職業はここにある!!
 余暇生活開発士とは
"働きすぎ","仕事中毒"といわれることが多い日本人。
労働時間は国際情勢を踏まえて減り続け、年間労働時間は1800時間台に入ろうかという状況ではありますが
それでもまだ世界の基準と比べると働きすぎといわれています。

この仕事一辺倒の人生がもたらす被害は甚大なもので定年後の有り余る自由時間(=余暇)をどうしていいものかわからない
といった悩みを抱え自殺する人もいる始末。
高度成長を支えた団塊の世代が定年を迎えるこの先、このありあまる自由時間に対処しきれず"自由の刑"に押しつぶされる
人が大勢でてくるでしょう。

また同時に今までの仕事一辺倒のライフスタイルを見直し生活のゆとりを重視するスローなライフスタイル
にシフトチェンジする人もでてきています。
活力に満ちた豊かで潤いのある生活を実現させるため余暇をどのように充実させるかが必要不可欠な要素になってきた、
時代背景の中で社会的な幅広い要請に応えるために出来た資格が余暇生活開発士・余暇生活相談員です。

余暇生活開発士は余暇生活に関する個人向けのアドバイスだけでなく、地域、企業、行政等の団体に
対して、余暇やレジャー、福利厚生などの調査研究、施策推進や提言(レジャーコンサルティング)を行うこともあります。

余暇生活相談員は「家族や友人との余暇の過ごし方を工夫したい」という日常的な欲求から、
「定年後の過ごし方に不安がある」という将来にわたる問題まで、レジャーカウンセリングの技術をもって
個人の余暇生活全般の相談に応えていく身近な余暇生活アドバイザーです。

余暇生活開発士・余暇生活相談員になるには

文部省の所管である財団法人日本レクリエーション協会が行っている「余暇生活開発士・余暇生活相談員養成通信講座」を始め、
6ヶ月の教育・研修を経て余暇生活相談員、1年間の教育・研修と修了論文、更に資格試験を経て余暇生活開発士を資格認定しています。

また受講条件として受講開始日において満年齢18歳以上の方ただし、余暇生活相談員の資格申請時に満20歳以上、
余暇生活開発士の資格認定審査会受験時に満24歳以上という条件があります。


仕事・職業一覧

コーチ  臨床心理士   カラーコーディネイター  あん摩マッサージ指圧師  ヒーラー  余暇生活開発士 占い師 精神対話士 鍼灸師 整体師
ワークショップトレーナー 接骨医・柔道整復師 お坊さん リフレクソロジスト エステティシャン [PR] 医療・健康リンク集 金融・証券リンク集 生活・美容リンク集 仕事・資格リンク集


管理人:tomoya